Twitterとは?今からでも登録してみよう!

最近ではTwitterは4,500万人が国内で使用していると言われるほどの利用者を誇っています。SNSの匿名性とゆるい繋がりが今の人たちにあっているのか、芸能人だけではなく一般の人たちの多くが利用しています。ですが、またTwitterをやっていないという人たちが今さら始めようと思うともう遅いのでしょうか?全くそんなことはないので、今からでも始めやすいように登録方法などを解説していきます。

Twitterとは?

TwitterとはSNSと言われる「ソーシャル・ネットワーキング・サービス」に分類されるものになり、「ソーシャル」(社会的に)「ネットワーキング」(繋がり)と言われており、インターネットを使って社会的な繋がりをもち「情報の共有・発信・拡散」の機能が利用できるという特徴があります。

そのSNSでは一つ一つ使用方法が変わってきます。「LINE」はメールみたいに使っている人が多いのではないでしょうか?これもSNSとなり情報の共有や発信をしていて、主に連絡手段として使用しているのではないでしょうか?

これに対して「Twitter」では情報の拡散が一番の早いので、現在では政治家、芸能人、スポーツ選手、企業など様々なジャンルの人たちも利用していて、その使用方法は特に告知や募集などを行うツールとなっています。

他にも、一度の投稿に140文字以内でなる「つぶやき」と言われる思ったことなどを「ツイート」していきます。

SNS登録する前に必ずメールアドレスを持とう

まず、Twitterなどに登録する前に「フリーメール」というものを取得しておく必要があります。必要事項を入力すれば、誰でも無料で電子メールアドレスを取得することができるサービスとなっています。

おすすめはグーグルの「Gmail」やヤフーの「Yahoo!メール」がおすすめです。こちらを登録しておけばSNSなどの利用の際に使用できるだけではなく、必須項目をそちらから情報をとりスキップできる場合もあります。

Twitterでアカウント作成してみよう

さて、それではTwitterに登録して見ましょう!スマホの場合とPCの場合で分けて説明します。

iPhoneやアンドロイド登録方法

まずは「Twitterアプリ」を取得しましょう。これを取れば登録はとても簡単です。

アカウント名・メールアドレス・ユーザー名・パスワードを入力してください。
全ての情報を入力したら、「登録」画面を押して完了です。

パソコンでの登録方法

基本的には同じですが、パソコンで登録する場合はアプリからではなく、公式Webサイトから登録するような形になります。メールアドレスで本人確認があるので、届いたメールを開いてURLにクリックします。そのあとの必須項目などは同じになります。

電話帳をアップロード

「連絡先(電話帳)をアップロード」という画面が出てきますが、今はしないにしましょう。してもいいのですが、連絡先を知っている人全員とアカウントが繋がってしまうためSNSでの匿名性が無くなってしまって、好きなことを「つぶやく」ことができなくなってしまいます。

アカウントを複数作成する

Twitterでは、一人一つのアカウントという縛りなどはないため複数のアカウントを利用することができます。プライベート用、仕事用など使い勝手はそれぞれです。

アプリの場合は「人型」アイコンをタップします。「新しいアカウントの作成」が出てくるのでそちらで作成することが可能となります。

プロフィールを充実させよう

どんなサイトでも必ず必要になってくるのがプロフィール画面になります。作成している時はおろそかにしてしまいがちですが、人が真っ先に見るのがプロフィールになります。
履歴書ではないので個人情報を書く必要はありません。どんなものが好きで何に興味があるのかなどを書いておくと同じ趣味などの人たちを見つけることが出来るかもしれません。