SNSとは?必要なもの?どう使う?ビジネスでも使えるのか?

「SNS」を利用したことがない!という人もで、「SNS」という言葉を聞いたことがないという人はいないくらいテレビやニュースでも普通に使われる言葉となりました。利用者の多くは生活の一部となり欠かせない存在となってきました。

そこで今回は「そもそもSNSとは?どんな使い方が出来るのか」をテーマにまとめてみました。

そもそも「SNS」とは一体なに?どんなものなの?

SNSとは「ソーシャル・ネットワーキング・サービス」のことでわかりやすく説明すると人と人との繋がりを促進やサポートしていくコミュニティー型の会員制のサービスということになります。
主な使い方としては情報の「発信」「共有」「拡散」が出来るサービスとなっています。

4大SNSとは?それぞれの特徴や活用方法とは?

現代のSNSには、4つの大きなSNSがあり利用者の多くがこのどれか、または複数を利用していると言われています。それぞれの特徴などを詳しく見ていきましょう。

LINE(ライン)

無料通信アプリ「LINE(ライン)」は、日常的な連絡手段として多くの人が利用しています。利用している年齢層も10代〜60代と幅広い層の人が使っており、無料電話などが出来るために欠かせないという人も多くいます。

チャット機能による連絡手段は個人だけではなく、大人数の人が同じチャットに参加出来るために家族や友人だけではなくビジネスシーンでも利用されることが多くなってきました。

また「ライン@」というビジネス用のものまで出来ています。この機能を利用すれば、ユーザーに向けて一斉にLINE限定のクーポンやメッセージなどを送信することが出来るので、飲食店やエステや美容院などの店舗型のビジネスにはとても効果的なものとなっています。

Twitter(ツイッター)

「Twitter(ツイッター)」の特徴は、匿名性とリアルタイムに拡散する爆発力となります。利用者は「LINE」に続くほどの人数がいますが、10代〜30代という若い層を中心に使われることが多くなっています。

他のSNSより一度の投稿出来る文章も短いためにリアルタイムであったことを気軽に「つぶやく(投稿する)」という使い方になるケースが多くなっています。

匿名性が高いために気軽に投稿出来る分、気軽に「リツイート(共有)」してもらえるということがあるため、拡散力が他のSNSに比べてとても強く誰かに取り上げてもらうと、また知らないところで「リツイート」してもらえることが多く終着地点のない「回覧板」のように、多くの人の目に触れることが出来るようになっています。

Facebook(フェイスブック)

「Facebook(フェイスブック)」は他のSNSとは違い「本名」での利用が基本となるために、現実世界でのつながりがある人との交流がメインとなることも多く「近況報告」なんかにもよく利用されています。

ですが、「いいね!」を押すと友達登録している人たちに勝手に拡散してくれるようになっているために友達の友達などに情報が届くようになっています。

利用者は20代以上の人が多く、10代の利用は少ないために信用できる情報が多くあるという特徴があります。

ビジネスシーンで利用しようと思うと「企業アカウント」と言われるものを作る必要があります。そのアカウントで「広告」という機能を使えばタイムラインなどに表示されるので一般的な広告よりも読まれやすいと言えるので多くの人触れれるようになっています。

他のSNSと違って友達の上限が「5,000人」までとなっているのでフォロワーを増やす努力をするよりも共感してくれる人を集めることが重要となります。

Instagram(インスタグラム)

「Instagram(インスタグラム)」の特徴は写真による投稿の「世界観」にあるとも言えます。利用者は10代〜20代の若年層が多く女性が特に利用しています。

写真による「インスタ映え」と言われる写真映えするスポットやグルメなどが特に注目を集めやすいために飲食店では写真映えするように狙った店内にしてみたり、グルメなどがあると拡散されることが多くあります。また「インスタ映え」を考えて新商品などを作ったりすることも多くあります。

SNSでの活用法のまとめ

若い世代に広告を打ちたいから「Twitter」にしよう!など年齢や利用者を考えて利用するのはとてもいいことですが、Twitterを使っている年配者などもたくさんいます。そのためどこで拡散されるかわからないのでビジネスシーンとして活用したいのであれば、なるべくいろいろなところから宣伝がみれるようにすることで、来店者を増やしたり、お店の顧客となってくれることもあると思います。