インスタグラムを使ってインスタグラマーになりお金を稼ごう!

インスタグラムと言えば、今や若い女性だけではなく、企業や会社が商品プロデュースや芸能人や著名人が告知や報告で使われている必須アプリとなっています。

そんなインスタグラムを使って今やお金を稼ぐことができるようになっています。どうやったらお金にかわるのかを詳しく解説していきたいと思います。

そもそもInstagram(インスタグラム)とは?

SNS(ソーシャルネットワークサービス)と言われる情報を発信・拡散・共有するためのサービスで代表格が

・LINE(ライン)
今は連絡手段とも言えるLINEはメールやメッセージのような使い方ですが、立派なSNSになります。

・Twitter(ツイッター)
ツイッターの特徴は情報の発信です。

・Facebook(フェイスブック)
フェイスブックの特徴は、本名での登録で情報の共有などとなっています。

・Instagram(インスタグラム)
インスタグラムの特徴は他のSNSよりも「動画や写真」投稿に特化したSNSとなっています。

ツイッターやフェイスブックにも写真を投稿することはできますが、インスタグラムの写真や動画は他とは少し違い、写真は加工して見栄えのいい写真を投稿したり、ストーリーズと言われる24時間限定の動画を投稿することで、友人同士で共有して楽しむものとなっています。

インフルエンサーとは?

最近は「インフルエンサー」なんて言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか?
そのインフルエンサーとは、情報を発信することによって強い影響力のある人のことを指す言葉となっています。

ひと昔前だと、テレビや雑誌などに出ている芸能人やスポーツ選手、著名人などが強い影響力がありましたが、現在ではSNSによって人気が出た一般人なども多く、それが理由で有名になったりすることもあります。

インスタグラマーとは?

インフルエンサーとは影響力のある人の総称をいいます。それぞれ個別にすると違う言い方となります。

・ブログ =ブロガー
・YouTube(ユーチューブ) =YouTuber(ユーチューバー)
・Tik Tok(ティックトック) =TikTokker(ティックトッカー)
・Instagram(インスタグラム) =lnstagrammer(インスタグラマー)

こちらのようにインスタグラムにおいて大きな影響力がある人も「インスタグラマー」という名称で呼ばれます。

インスタグラムでお金を稼ぐことはできるの?

では、どんな方法で収入を得ることができるのでしょうか?大きく分けて3つあります。

広告収入

フォロワーと言われる自分の投稿を見てくれる人が多いとそれだけ得られる収入も多くなります。
インスタグラムのタイムラインやストーリーズには「Instagram広告」というものがあります。それをフォロワーが多ければ多いだけ見る確率が高くなります。

アフィリエイト

フォロワーが多くなれば、アフィリエイト成功率も上がるために、商品をアップして購入を促すだけで収入が多く得られます。

企業案件

特定の企業から、「お金を払うからこれを載せてください」頼まれることがあります。これにはフォロワー数が多いこともそうですが、特定のテーマに絞っていると頼まれることが多くなるようです。

インスタグラムでお金を稼ぐためには?

稼ぎ方はわかったけどどうすればいいのでしょうか?

テーマを絞ってフォロワーを増やす

まずはテーマを絞るといいでしょう。
例えば、
・毎日のコーディネートを写真を撮ってアップする。
・毎日作っている弁当を写真撮ってアップする。
・飲食店へ行って食レポをしながら写真アップする・
・出張先で風景写真をアップする。

などなど、どんなものでもいいので特定のテーマを絞っている方が、毎日の日記のように投稿している人よりはいいでしょう。

写真や動画の質をあげる

インスタグラムは加工が主流となっているので、写真でも色合いを加工したり撮り方を工夫したりと、目を引くような写真や動画にすればそれだけフォロワーが増えやすいです。

自己満足で終わりの写真などよりは「見たい」「体験したい」「欲しい」など思えるような幻想的な写真などの方が興味を持ってもらいやすいと言えます。